規約

**********


この規約(以下「本規約」といいます)は、パイロット企画(以下「当方」といいます)が運営する音声買取サービス「オンセイデンポウシャ」において、当方が提供する各種サービス(以下「本サービス」といいます)の利用条件を定めるものです。

目次

**********

第1条 本サービスの内容及び当方の役割

本サービスは音声買取依頼者の依頼に基づいて、録音済み音声を当方が買い取るサービスです。
音声買取依頼者は個人、法人を問いません。

目次に戻る

**********

第2条 定義

1.定義
本規約において、以下の用語は、別途定義されている場合及び文脈上別異に解すべき場合を除き、以下の意味を有するものとします。

「本規約」
「本規約」とは、本規約、プライバシーポリシー及びガイドをいい、これらはすべて本規約を構成するものとします。

「プライバシーポリシー」
「プライバシーポリシー」とは、当方が定めるプライバシーポリシーをいいます。

「音声買取依頼者」
「音声買取依頼者」とは本サービスを通じて当方に録音済み音声の買取を依頼する人のことです。
以降「買取依頼者」または「依頼者」と表記します。

「買取音声」
「買取音声」とは本サービスを通じて依頼者が当方に買取を依頼する録音済み音声のことです。
以降「買取音声」と表記します。

「個人情報」
「個人情報」とは、個人情報保護法に定める「個人情報」を指すものとし、依頼者が入力した氏名、郵便番号、住所、生年月日、性別、職業、電話番号、アカウント情報(電子メールアドレス及びパスワード等をいう。)、プロフィール情報(ニックネーム、趣味、家族構成、年齢その他の個人に関する属性情報)、クレジットカード情報及び利用履歴等で、かつ特定の個人を識別できる情報(他の情報と容易に照合することができ、それにより特定の個人を識別することとなるものを含む。)をいいます。

「コンテンツ」
「コンテンツ」とは、依頼者が本サービスの利用のために当方に発信した情報をいいます。

2.定義の適用
本条の定義は、別途定義されている場合及び文脈上別異に解すべき場合を除き、本利用規約のほか、プライバシーポリシー及び、手続きガイドにおいても、適用されるものとします。

目次に戻る

**********

第3条 本規約への同意及び本規約の変更

  1. 本規約への同意及び適用
    本規約は、本サービスの利用に関する条件を依頼者と当方との間で定めることを目的とし、依頼者と当方の間の本サービスの利用に関わる一切の関係に適用されます。依頼者は、本規約に同意したうえで、本規約の定めに従って本サービスを利用しなければなりません。依頼者は本サービスを利用することにより本規約に同意をしたものとみなされます。
  2. 未成年者の場合
    依頼者が未成年者である場合は、事前に親権者など法定代理人の包括的な同意が必要です。依頼者が未成年者である場合は、親権者の同意の有無に関して、当方から親権者に対し、確認の連絡をする場合があります。
  3. 本規約の変更
    当方は、必要に応じ、本規約を変更できるものとします。本規約を変更する場合、当方は、当方所定の方法により一定の予告期間をもって変更後の規約を周知することとし、当該予告期間の終了をもって、当該変更後の規約が適用されるものとします。
    当方は、本規約の改定、変更により依頼者に生じたすべての損害について、一切の責任を負いません。変更内容について、依頼者から届け出られた連絡先へ通知(書面又は電磁的方法によるものとします。)することがあります。依頼者は変更日以降、変更後の内容に従っていただくものとします。

目次に戻る

**********

第4条 買取音声の利用目的

本サービスを通じて、当方が依頼者から買い取った音声は、以下の目的で利用されます。
・当方の提携サービスにおけるダウンロード販売
・販売用音声コンテンツの収録素材としての利用
・販売用音源ライブラリの収録素材としての利用
・本サービス及び、当方の提携サービスの宣伝活動

目次に戻る

**********

第5条 依頼者資格および買取依頼の拒否

1.買取依頼
買取依頼は必ず依頼者本人が行ってください。
また、買取依頼の際は必ず正確な情報を入力してください。

2.複数依頼の禁止
依頼者は、一部または全部が同一だと当方が判断した音声を複数回に分けて買取依頼することができません。
また、買取依頼者は複数の電話番号、SNSアカウントを使って買取依頼することができません。

3.音声買取依頼の拒否
当方は、以下各号のいずれかに該当する場合、又は該当したと当方が判断した場合、音声買取依頼を拒否できます。
当方は、その理由を説明する義務を負わないものとします。また、当方は、依頼者が以下の各号のいずれにも該当しないことを確認するために、当方が必要と判断する本人確認を行うことができ、確認が完了するまで本サービスの全部もしくは一部の利用停止等の措置することができます。また、当方は、本条の措置を受けた依頼者に対し、将来にわたって当方のサービス利用を禁止することができるものとします。
(1) 法令又は本規約に違反した場合
(2)第3条第2項及び本条第2項の依頼者資格を満たしていない場合
(3)過去に本規約違反等により、当方から依頼拒否を受けている場合
(4)依頼者情報及び依頼内容に正確ではない情報、又は虚偽の情報が含まれている場合
(5)依頼者情報が既存の依頼者情報と重複している場合
(6)本規約上必要となる手続又は当方への連絡を行わなかった場合
(7)当方の運営・サービス提供又は他の依頼者の利用を妨害、支障をきたす行為を行った場合やそのおそれがあると当方が判断した場合
(8)暴力団、暴力団員、暴力団員でなくなったときから5年を経過しない者、暴力団準構成員、暴力団関係企業、総会屋等、社会運動等標ぼうゴロ若しくは特殊知能暴力集団、その他これらに準ずる者(以下これらを「暴力団員等」といいます。)、テロリスト等日本政府若しくは外国政府が経済制裁の対象として指定する者に該当すること、又は暴力団員等と一定の関係を有すること(暴力団員等に対して資金を提供し若しくは便宜を供与するなどの関与をしていると認められること、暴力団員等を不当に利用していると認められること、又は、依頼者が法人の場合、暴力団員等がその経営を支配し若しくはその法人の経営に実質的に関与していると認められること、その他暴力団員等と社会的に非難されるべき関係を有していると認められること)(以下、上記のすべてを総称して「反社会的勢力」といいます。)が判明した場合
(9)依頼者の提示した連絡先(携帯電話番号又はメールアドレスまたはその他の連絡先)が不通になったと当方が判断した場合
(10)依頼者が本サービス利用を通じて、他の依頼者や第三者に不当に迷惑をかけた場合
(11)依頼者が登録した金融機関の口座に関し違法または不適切その他の問題があることが当該金融機関による指摘、その他により判明した場合
(12)依頼者が自ら又は第三者をして、暴力的な要求行為、法的な責任を超えた不当な要求行為、脅迫的な言動又は暴力を用いる行為、風評を流布し、偽計を用い又は威力を用いて、信用を毀損又は業務を妨害する行為をした場合
(13)その他、当方が依頼者に相応しくないと判断した場合

4.音声買取依頼者の確約

  1. 音声買取依頼者は、反社会的勢力等のいずれにも該当しないこと、かつ将来にわたっても該当しないこと、および、自ら又は第三者を利用して、暴力的な要求行為、法的な責任を超えた不当な要求行為、取引に関して脅迫的な言動をし又は暴力を用いる行為、風説を流布し、偽計を用い又は威力を用いて当方の信用を毀損し又は当方の業務を妨害する行為、その他これらに準ずる行為を行わないことを確約するものとします。
  2. 音声買取依頼者は、当該買取音声について、著作権者かつ、実演家 かつ、レコード製作者として、当方の利用目的のために、当該買取音声に関する以下の権利を、当方に対して、 許諾することを確約するものとします。
レコード製作者の著作隣接権として・・複製権・送信可能化権
実演家の著作隣接権として ・・録音権・送信可能化権・譲渡権
著作者の著作権として・・複製権・演奏権・公衆送信権・自動公衆送信権・譲渡権・翻訳権・編集権・翻案権

5.当方の免責
依頼者が依頼情報を変更をしたことや当方が依頼を拒否したことにより生じた損害に関して、当方は一切責任を負わないものとします。

6.依頼情報の不正利用等
依頼情報の管理不十分による情報漏洩、使用上の過誤、第三者の使用、不正アクセス等による損害の責任は依頼者が負うものとし、当方は一切責任を負いません。また、依頼情報が不正に利用されたことにより当方に損害が生じた場合、依頼者は当該損害を賠償するものとします。

7.依頼情報の漏えい
依頼情報が第三者に漏えいした場合又はそのおそれがある場合、依頼者は、速やかに当方まで連絡するものとします。
また、その際に当方の指示がある場合には、依頼者は、これに従うものとします

8.支払いの留保
当方は、本条の措置の時点で当依頼者に支払われることとなっていた金銭等について、違法行為への関与が疑われる場合等、当方の判断により、支払いを留保することができるものとします。

9.買取上限額
当方は、利用者1人あたり若しくは1日あたり、又は企画毎の買取音声の買取上限額を設定することができ、依頼者がそれを超える音声買取依頼を行った場合、当方はこれを拒絶することができるものとします。

目次に戻る

**********

第6条 音声買取契約の成立


1.当方は、音声買取依頼者に対し、当方所定の方法で買取依頼音声の買取価格を提示します。依頼者がこれを承諾した場合に、当方と依頼者との間で本売買契約が成立するものとします。但し、「テーマ買取プラン」に基づく買取依頼については、依頼者は、予め当方が指定する買取金額帯での買取について承諾したものとし、利用者の買取りの申込みに対して、当方所定の方法によって、買取価格を送信した時点で音声買取契約が成立したものとします。
2.依頼者は、本契約に基づく音声買取代金の受領後は、原則として、本契約を解約できないことに十分に留意して第1項の申込み及び第2項の承諾を行うものとします。

目次に戻る

**********

第7条 使用権の許諾

買取依頼者は、当方に対して、以下の通り権利譲渡不能の使用権許諾を行うものとします。
・当方は買取音声を、本サービスおよび、当方の提携サービス利用者に販売頒布できる。
・当方は本条の許諾により販売した音声につき、購入者に対して複数回のダウンロードを許諾できる。
・当方は買取音声および、関連する画像やテキスト情報を、本サービスおよび、当方の姉妹サービスの宣伝に利用できる。

目次に戻る

**********

第8条 音声買取契約の取消

1.音声買取契約成立後の契約取消
依頼者は、買取契約の成立後、当方所定の方法で、契約を取消を希望する旨を問い合わせ、当方の判断により認められた場合には契約を取消できます。

2 音声買取契約の不可逆性
音声買取契約成立後、本規約が定める利用目的に沿って買取音声が利用された場合、契約の不可逆性が発生しうることを依頼者は予め了承するものとします。

3.代金支払いの無効化等
依頼者が契約取消を希望する時点で当依頼者に支払われることとなっていた金銭等については、依頼者の同意がある場合、又は依頼者による支払申請が放棄されたと当方が合理的に判断した場合、または当方が契約取消によって不利益を被る場合には、買取代金の支払を無効とすることができるものとします。

4.当方の免責
当方は、本条の措置により生じる依頼者の損害について、一切の責任を負わないものとします。

目次に戻る

**********

第9条 個人情報等の取扱い

1.プライバシーポリシー
当社は、本規約のほか、プライバシーポリシーに従って個人情報等を取り扱います。

2.プライバシーポリシーへの同意
依頼者は、本サービスの利用又は本サービスの閲覧の前に、本サービス上で、プライバシーポリシーを必ず確認し、その内容に同意した上で、本サービスを利用するものとします。

目次に戻る

**********

第10条 決済の方法

  • 買取契約が成立した売上を月末締で集計し、翌々月10日までに音声買取依頼者が指定する金融機関へ送金の上決済するものとします。
  • 販売代金総額が3千円に満たない場合は、3千円を超えるまで翌月支払日へ順次繰り越すものとします。ただし、過去2年間、売り上げがなかった場合は、3千円未満でも決済するものとします。
  • 支払日が当方、または金融機関の休業日にあたる場合は、翌営業日に繰り下げて支払うものとします。
  • 販売代金総額が5千円を超える場合は、振込手数料を当方が負担するものとします。

目次に戻る

**********

第11条 本サービスの中断・終了及び変更

1.本サービスの中断

当方は、以下の各号のいずれかに該当する場合には、依頼者に事前に通知することなく一時的に本サービスの全部又は一部を中断する事ができるものとします。その際、依頼者に損害が発生した場合であっても、弊社は一切の責任を負わないものとします。

  1. サーバー、通信回線、その他の設備の故障、障害の発生又はその他の理由により本サービスの提供ができなくなった場合
  2. 定期的な又は緊急のシステム(サーバー、通信回線や電源、それらを収容する建築物などを含む)の保守、点検、修理、変更を行う場合
  3. 火災、停電等により本サービスの提供ができなくなった場合
  4. 地震、噴火、洪水、津波等の天災により本サービスの提供ができなくなった場合
  5. 戦争、変乱、暴動、騒乱、労働争議等その他不可抗力により本サービスの提供ができなくなった場合
  6. 法令又はこれに基づく措置により本サービスの提供ができなくなった場合
  7. その他、運用上又は技術上弊社が本サービスの一時的な中断が必要であると判断した場合
2.本サービスの終了及び変更

当方は、任意の理由により、依頼者への事前通知をすることなく、いつでも本サービスの全部又は一部を終了及び変更できるものとします。当方は、本サービスの終了及び変更による損害について、依頼者及び第三者に対して一切責任を負わないものとします。

目次に戻る

**********

第12条 知的財産権及びコンテンツ

1.知的財産権等の帰属
本サービスを構成するすべての素材に関する権利は、当方又は当該権利を有する第三者に帰属しています。依頼者は、本サービスのすべての素材に関して、一切の権利を取得することはないものとし、権利者の許可なく、所有権、著作権を含む一切の知的財産権、肖像権、パブリシティー権等、コンテンツ素材に関する権利を侵害する一切の行為をしてはならないものとします。本規約に基づく本サービスの利用の許諾は、本サービスに関する弊社又は当該権利を有する第三者の権利の使用許諾を意味するものではありません。
2.当方による利用
依頼者 により当方に送信された買取音声に関する、写真、動画、情報等に関しては、本サービスの宣伝、運営、研究開発及び発表等を目的として、当方及び当方の指定する者が自由に利用できるものとします。
3.コンテンツに関する責任
依頼者等が本サービスに関連して発信又は掲載したコンテンツに関する一切の責任は、当該依頼者等が負うものとし、当方は、その内容、品質、正確性、信憑性、適法性、最新性、有用性等について、確認いたしません。また、当方は、それらに関して、一切保証せず、一切責任を負わないものとします。
4.コンテンツの内容等
依頼者等は、他の依頼者等が発信又は掲載するコンテンツについて、その内容、品質、正確性、信憑性、適法性、最新性、有用性等を、依頼者ご自身で判断する必要があります。当方は、依頼者等及び第三者が当方のコンテンツを利用することにより生じる損害について、一切責任を負わないものとします。
5.バックアップ
当方はコンテンツのバックアップを行う義務を負わないものとします。依頼者は、コンテンツのバックアップが必要な場合には、自己の費用と責任でこれを行うものとします。
6.コンテンツの変更及び削除
弊社は、ユーザーが本規約に違反又は本規約の精神に照らして不適切な行為を行ったと弊社が判断した場合、当該ユーザーが掲載したあらゆるコンテンツを、事前の通知なしに変更及び削除できるものとします。

目次に戻る

**********

第13条 ユーザーの責任及び接続環境等

1. 必要な機器の準備等
本サービスの提供を受けるために必要なコンピューター、スマートフォンその他の機器、ソフトウェア、通信回線その他の通信環境等は、ユーザーの費用と責任において準備し維持するものとします。また、その機器、ソフトウェア、通信環境等の設置や操作についても、ユーザーの費用と責任で行っていただく必要があります。弊社は、本サービスがあらゆる機器等に適合することを保証するものではなく、機器等の準備、設置、操作に関し、一切関与せず、ユーザーに対するサポートも行いません。

2.ネットワークの経由等
依頼者は、本サービスを利用する際に、種々のネットワークを経由する場合があることを理解し、接続しているネットワークや機器等によっては、それらに接続したり、それらを通過するために、データや信号等の内容が変更される可能性があることを理解したうえで、本サービスを利用するものとし、かかる変更について当方は一切責任を負わないものとします。

3.手続の成立
当方がインターネット回線を通じて行う本サービスへの入力、出品、購入、退会、その他の手続は、当方のサーバーに当該手続に関するデータが送信され、当方のシステムに当該手続の内容が反映された時点をもって有効に成立するものとします。

4.トラブルの解決
本サービスに関連して依頼者間又は依頼者と第三者間で発生したトラブル(本サービスを将来利用するという前提の下で起こったトラブルを含みます。)に関して、依頼者は各自の費用及び責任で解決するものとし、当方は一切の責任を負わないものとします。トラブルが生じた際には、当事者間で解決するものとし、当該トラブルにより当方が損害を被った場合は、当事者は連帯して当該損害を賠償するものとします。

5.第三者との紛争解決
依頼者と第三者との間で、本サービスに関連して、裁判、クレーム、請求等のあらゆるトラブルを含む紛争が生じた場合、依頼者各自の責任や費用で解決するものとし、当方は、当該紛争に一切関与しません。依頼者は、当該紛争の対応のために当方に生じた弁護士費用を含むあらゆる費用、賠償金等を連帯して賠償するものとします。但し、当該紛争の発生が当方の故意又は重過失による場合はこの限りではありません。

6.費用の負担
当方と依頼者間で紛争が生じた場合、当該紛争に関連して当方に発生した弁護士費用を含むあらゆる費用を、当該依頼者は連帯して負担することに同意するものとします。

目次に戻る

**********

第14条 非保証及び免責

1.内容等に関する非保証
当方は、本サービスの内容・品質・水準、本サービスの安定的な提供、本サービスの利用に伴う結果等については、一切保証しません。
2.当方の免責
本サービス提供における、不正確、不適切、不明瞭な内容、表現、行為等により、ユーザー及び第三者に対して損害が生じた場合、故意・過失の有無にかかわらず、当方は、当該損害について一切責任を負わないものとします。
3.アドバイス等の非保証
当方は、依頼者等に対して、適宜情報提供やアドバイスを行うことがありますが、それらに対して責任を負うものではありません。また、そのアドバイスや情報提供の正確性や有用性を保証しません。
4.コンピュータウィルス等に関する非保証
本サービスに関連するコンテンツの中に、コンピュータウィルス等有害なものが含まれていないことに関して、一切保証しません。本サービスに関連するコンテンツの中に、コンピュータウィルス等有害なものが含まれていたことにより生じた損害について、依頼者及び第三者に対して当方は一切責任を負わないものとします。
5.機器等に関する免責
依頼者が利用した機器・通信回線・ソフトウェア等により依頼者又は第三者に生じた損害に関しまして、当方は一切責任を負わないものとします。
6.通信障害等に関する免責
本サービスへのアクセス不能、依頼者のコンピュータにおける障害、エラー、バグの発生等、及び、本サービスに関連するコンピュータ、システム、通信回線等の障害に関しまして、当方は一切責任を負わないものとします。
7.他のウェブサイトに関する免責
依頼者が書き込んだ他のウェブサイト等へのURLにより、そのリンク先で生じた損害に関して、当方は一切責任を負わないものとします。

目次に戻る

**********

第15条 業務委託


当方は、当方が必要と認めた場合、本規約に基づく本サービスの運営管理業務の一部を第三者に委託することがあります。

目次に戻る

**********

第16条 損害賠償

1.依頼者の責任及び当方の免責
依頼者が本規約に違反した場合、故意過失を問わず、当該依頼者が、当該違反により損害を受けた他の依頼者及び第三者に対する損害賠償責任を含む、一切の責任を負うものとします。依頼者がかかる違反行為を行ったことにより、当方が損害を被った場合は、当事者は連帯して当該損害を賠償するものとします。
2.当方の損害賠償責任
当方は、当方による本サービスの提供の停止、終了又は変更、依頼者登録の取消、コンテンツの削除又は消失、本サービスの利用によるデータの消失又は機器の故障等、その他本サービスに関連して依頼者が被った損害につき、賠償する責任を一切負わないものとします。但し、当該損害が当方の故意又は重過失により発生した場合はこの限りではありません。なお、消費者契約法の適用その他の理由により、本項その他当方の損害賠償責任を免責する規定にかかわらず当方が依頼者に対して損害賠償責任を負う場合においても、当方の責任は、当方の過失(重過失を除きます。)による債務不履行又は不法行為により依頼者に生じた損害のうち現実に発生した直接かつ通常の損害に限り、かつ、当該依頼者支払うべき音声買取代金の累積総額を上限とします。

目次に戻る

**********

第17条 一般条項

1.通知
本サービスに関する当方から依頼者への通知・連絡は、当方が運営するウェブサイトの適宜の場所への掲示その他、当方が適当と判断する方法により行なうものとします。当方は、個々の依頼者に通知及び連絡をする必要があると判断した際、依頼者情報の電子メールアドレス、住所又は電話番号に対し、メッセージング機能、電子メール、郵便又は電話等を用いて通知及び連絡を行うことがあります。 当方からの通知及び連絡が不着であったり遅延したりといったことによって生じる損害について、当方は一切の責任を負いません。

2.譲渡禁止
依頼者は、当方の書面による事前の承諾なく、本規約に基づく契約上の地位又は本規約に基づく権利もしくは義務につき、第三者に対し、譲渡、移転、担保設定、貸与、その他の処分をすることはできません。

3.事業譲渡
当方が本サービスに係る事業を第三者に譲渡する場合(事業譲渡、事業分割、その他本サービスが移転する一切の場合を含む。)には、当該事業の譲渡に伴い、依頼者の本規約に基づく契約上の地位、本規約に基づく権利・義務及び依頼者登録に伴い登録された情報その他の情報を、当方は当該事業の譲受人に譲渡することができるものとし、依頼者は、かかる譲渡につき予め承諾するものとします。

4.分離可能性
本規約のいずれかの条項又はその一部が、法令等により無効又は執行不能と判断された場合であっても、本規約の残りの規定及び一部が無効又は執行不能と判断された規定の残存部分は、継続して完全に効力を有するものとする。

5.定めのない事項等
本規約に定めのない事項又は本規約の解釈に疑義が生じた場合には、依頼者は、当方の定めるところに従うものとします。これにより解決しない場合には、当方及び依頼者は、信義誠実の原則に従って協議の上速やかに解決を図るものとします。

6.言語
本規約の準拠法は日本法とします。

7.裁判管轄
本規約に基づく取引に関して、依頼者と当方との間に紛争が生じた場合、訴額のいかんにかかわらず、 当方所在地を管轄する裁判所を依頼者と当方の専属的合意管轄裁判所とします。

2019.3.1公開

目次に戻る