サービスガイド

サービスガイドは、本サービスをご利用いただく上で、依頼者様に知ってほしい情報とルールをまとめています。
ここで使われる用語の定義は、規約に掲載しています。
音声買取ご依頼の前に、本サービスの規約と併せて必ずご確認ください。

**********

目次

(Q1)「どんな音声が買い取れるの ?」

(Q2)「買い取った音声はどのように使われるの ?」

(Q3)「代金はいつ支払われるの?」

**********

買取音声の利用目的

本サービスを通じて、依頼者が当方に売却した音声は、以下の目的で利用されます

 (規約第4条 買取音声の利用目的)
・当方の提携サービスにおけるダウンロード販売
 販売用音声コンテンツの収録素材としての利用
 販売用音源ライブラリの収録素材としての利用
 本サービス及び、当方の提携サービスの宣伝活動

なお、2019年3月時点において、本サービスを通じて、当方が依頼者に提示する音声買取契約の契約条件には、依頼者から当方への、買取音源の引き渡し、及び、利用目的実施に必要な権利の許諾が含まれています。

目次に戻る

**********

著作権と著作人格権について

著作権について
録音済み音声には、おもに3人の権利者がいます。権利者は個人でない場合もあります。

収録音声の著作者の権利・・・著作者(著作権者)としての権利
収録音声の話者本人の権利・・・実演家(アーティスト)としての権利
録音をした人の権利・・・レコード製作者としての権利

著作者(著作権者)の権利のことを著作権といいます。
実演家(アーティスト)と、レコード製作者の権利のことを著作隣接権といいます。

ここでいう著作者、実演家、レコード製作者は著作権法上の分け方であり、一人の依頼者が自作自演、収録を全て一人で行った場合は、全ての権利を依頼者一人が保有していることになります。

本サービスをご利用の際、依頼者は当方に対して、買取後の音声利用の目的のために必要な以下の権利を有していることを確約していただきます。

 (規約第5条4項2号 音声買取依頼者の確約)
レコード製作者の著作隣接権として・・複製権・送信可能化権
実演家の著作隣接権として ・・録音権・送信可能化権・譲渡権
著作権者の著作権として・・複製権・演奏権・公衆送信権・自動公衆送信権・譲渡権・翻訳権・編集権・翻案権

著作人格権について

録音済み音声の著作者と実演家(話者)にはそれぞれ、著作人格権と実演家人格権があります。
本サービスでは、それぞれの人格権のうち氏名表示権について、音声買取のご依頼時に、表示の意思を確認しています。買取ご依頼の際には、依頼者にSPEAKER NAME を決めていただき、SPEAKER NAME 表示するかの意思確認をおこなっています。

目次に戻る

**********

買取査定と内容確認

本サービスでは、依頼者からの音声買取依頼に従って、買取音声の買取査定と内容確認を実施します。
依頼者は、当方による買取査定と内容確認実施に同意していただきます。

買取査定と内容確認実施に際して、当方がおもに確認する項目を箇条書きで挙げています。
買取依頼時の参考にして頂けると幸いです。
また以下の項目が査定と内容確認の実施内容の全部ではないこともご留意ください。

●出会い目的、違法行為、反社会行為を助長する可能性のある音声
例)「いつ」「どこで」などの具体的な時間や場所を特定できる音声。個人や、所属団体を特定できる音声。
●権利者から許諾を受けていない他者の著作物や実演が収録された音声
例)許諾を得ていない著作物や戯曲、歌詞の朗読や歌唱など。
●18歳未満の青少年への販売を制限すべき音声やその他性風俗、アダルトに関する音声。わいせつ物、児童ポルノに関連する情報が含まれる音声
●賭博、富くじに関連する内容が含まれる音声
無限連鎖講、マルチ商法に関連する内容の音声等
●特許権、実用新案権、意匠権、商標権、著作権、肖像権等第三者の知的財産権を侵害する恐れのある音声等
●個人情報、営業秘密その他一般に公開されていない情報が含まれる音声等

目次に戻る

**********

買取プラン

本サービスにおける2つの買取プランをご紹介しています。依頼時の参考にしてください。

◎フリー買取プラン
収録内容を依頼者ご自身で決めていただくプランです。
2019年3月時点では収録上限を90秒とさせていただきます。

◎テーマ買取プラン
当方が掲示した買取テーマに対して音声を買取依頼していただくプランです。
買取金額は予め「〇秒以内」「〇〇円から△△円まで」という風に決まっています。
また依頼申込後、当方から依頼者に買取金額を提示した段階で買取確定となります。

目次に戻る

**********

【重要】音声買取契約

〇契約前説明の実施と了承
当方は音声買取依頼者に対して、音声買取契約内容について説明します。
音声買取依頼者から当方に対して、本ウェブサイト規約同意フォームを用いて同意確認送信することで、説明を一部省略できます。

〇契約成立
フリー買取プランの場合、
当方から依頼者の査定価格の提示後、依頼者から当方に対して、査定価格での買取に同意する旨の意思表示があった時点で契約成立となります
テーマ買取プランの場合、当方から依頼者に対して、あらかじめ掲示した買取価格帯での査定価格を提示した段階で契約成立となります。

〇契約取消
契約成立後に、依頼者から契約取消依頼があった場合は、本サービスの規約に沿って対応します。
依頼者からの契約取消依頼のタイミングによっては、買取後の利用目的のために買取音源の利用がなされている場合があります。
依頼者におかれましては、上記内容を契約前に必ず確認して同意のうえでご依頼していただくようにお願いします。

目次に戻る

**********

よくある質問とこたえ(FAQ)

質問1「どんな音声が買い取れるの ?」

基本的には、依頼者ご本人の収録した声であれば、どんな音声でも買取いたします。
ただし、他人の著作物を原稿にする場合は依頼者ご自身が著作権者から許諾をとる必要があります。

 

**********

質問2「買い取った音声はどのように使われるの ?」

以下の目的で利用します

・当方の提携サービスにおけるダウンロード販売
 販売用音声コンテンツの収録素材としての利用
 販売用音源ライブラリの収録素材としての利用
 本サービス及び、当方の提携サービスの宣伝活動

 

**********

質問3「代金はいつ支払われるの?」
月末締めの翌々月10日に銀行振り込みにてお支払いします。

ただし...
販売代金総額が3千円に満たない場合は、翌月へ繰り越しとなります。
支払日が当方または金融機関の休業日の場合、翌営業日に繰り下げてお支払いします。
販売代金総額が5千円を超える場合は、振込手数料を当方が負担するものとします。
*過去2年間、売り上げがなかった場合は3千円未満でもお支払いします。

2019.3.1公開
2019.3.4改訂
2019.3.19改訂

目次に戻る